スミルナ教会の歴史

スミルナ教会の歴史

スミルナにある教会という教会があります
とげが多い教会のために、どちらがローマ皇帝(2-4世紀)によっていろいろな迫害であったかについて、この教会は述べます。
痛みの教会の数字を引っ張ります。
マスターは、叱責の語をこの教会と考えません。
たとえ彼らが外観上は痛みを貧困にはめ込んだとしても、それが、実際に、いつ豊かかは評価されます。
そのうえ、マスターが自分のものがすっかりそうである人で、生き返ったとき、死んでいることが生きるとき、それは明らかにされて、教会を励まします。
我々の運命は死であるが、復活します。
さらにまた、ユダヤ人(悪魔の試験による10日の痛み)との関係から困難を経験する運命にあります。
死に終わるまで私がそうそれをするならば、ここのマスターに関しては困難をなんとかして、誠実で、あなたに生命の頂部を与えるという約束をすると、それは約束されませんでした。

こういった迫害されている教会というものも少なくはありません。
というのもキリスト教でもたくさんの宗派があるからです。
この宗派というものが厄介で戦争の原因にもなってきます。

個人的な意見ですが宗教が原因で戦争なんて馬鹿らしいとおもいます。
と言ってもこれは平和ボケしている日本に住んでるからこその考えかもしれません。

copyright(C)Church Culture