エペソ教会の歴史

ジャンル別一覧

人気サイト紹介

エペソ教会の歴史

エペソにある教会
この教会は、使者時代(1世紀)の後、教会に向けて出発します。
どんなに問題がその頃すでに起こったとしても、最初の教会の国は最初と「好ましいものであった」もので普通でした。
マスターによって称賛される部分が、ありました。
それが、愛によって遠いものを非難される始め。

そのうえ、「ニコライ・グループ」の行為は、それらの日を入れました。
これが当時の人の名前であると言われるかもしれませ。
しかし、ギリシャの「Nikao」と「Loas」の2つの語と「前者は勝ちます」の意味から、成ります。
そして、もう一度支配するために、後者は「人々、より一般的な」の意味です。
言い換えると、すべて支配する神の前で等しいラビでなければならないキリスト教徒の間で、もう一度支配されるもののシステムを、ここの「ニコライ・グループ」は意味します。

使者、予言者、伝道者、聖職者の上に置かれます神、先生はそれです。
そして、キリストの身体であるが、こんなにオフィス組織が教会に間に合うことになっている、そして、それが教会の上に支配するからでない教会を与えるために、造ります。
信者(素人)間のもつれがこれをいわゆる教職(クラーギー)としばしば間違えるので、それはoccurs.This問題です背中のカトリック教会で現実化します。

copyright(C)Church Culture